top > 会社と愉快な仲間たち


敵機は来ますか? 男旅・その1

夏の恒例行事「男旅」
今年は、鹿児島へ。

ご支援先、取引先の社長、幹部の皆さんには、鹿児島出身の方もおられ、
好漢(=快男子)ばかりなのです。
さすが、現在の日本の礎を作った、薩摩藩。薩摩隼人たち。
そういったものへのあこがれも手伝い、一路、南へ。

目的のひとつは、
知覧にある「特攻平和記念館」に行くこと。

太平洋戦争下、沖縄に進攻しようとするアメリカ軍を食い止めるため、
爆弾を積んだ飛行機で、乗員もろとも、敵艦に体当たりをする・・・という
特殊任務の攻撃隊=特攻隊の出撃基地があった場所です。

館内には、特攻隊員1000名の遺影写真と、
遺書が展示されています。

まず、
写真のお顔が、皆、凛々しく、
文字と文体が、とても綺麗なことが、印象に残る。

遺書は、文語体で書かれているものも多いため、
内容と意味を完全に汲み取ることが難しい部分もある。
でも、
「明日、戦い死ぬことが確定した男が、一番大切な人に残した文章だ、
意味を完全に把握できなくとも、とにかく1枚1枚、全てに目を通すこと!」
それが今の平和な日本に生きる男に課された、
最低限の義務であり、礼儀だろう・・・
そのあと、何を思うかは、それぞれの自由だ。と、各自見学。

残される父母への感謝の言葉と、これからのことを気遣う言葉。
恋人や子供への最後のメッセージ。任務の全うを誓う言葉。。。
一見、何でもない普通の言葉にこそ
その底にある、大きな感情を、窺い知ることができます。

もしも自分が、同じ時代、同じ立場となったとしたら、
あまりに決断と思いが大きすぎるがゆえ、
すでに心の整理ができていて、
逆に、特別な言葉や、感情を素直に、書くことはないだろうな。と思う。
どうだろう?

 
抑えていた感情が一気に、あふれてしまった瞬間がある。

どなたのものなのか、
言葉も、正確には覚えていない。

遺書の主文を書いたあと、
父、母、恩師・・・それぞれに宛てた文があり、
その最後に、おそらくは親戚の子供たちに宛てたメッセージがあった。

「敵機は来ますか?」

長い文章の中の、この言葉を目にしたとき、涙が止まりませんでした。

自分が戦うことで、
愛する家族を戦火から守れるかもしれないならば・・・
そうゆう使命感で生きた人たちの本質と、優しい気持ち。

特攻隊員の根底に共通しているものを、一気に感じ取り、
涙腺がボワーーっと。。。

「敵機は来ますか?」のあとは、こんな風に続いていたと思う。
「敵機なんて、なんでもないですよ。
 これから、〇〇兄さんが、倒してきますからね。
よく勉強し、体を鍛えて、父母を助け、日本のために・・・」

まるで、自分に宛てて書かれているように感じます。

 
もちろん、特攻隊員だけではない。
各地で戦闘に参加した人も、しなかった兵員も。
国内で働いていた人も、女性も子供も・・・当時、みんな必死だっただろう。

記念館内は写真禁止なので・・・知覧武家屋敷の写真をアップします。


城の明け渡しエピソード

古(いにしえ)の「立派な城の明け渡し」に、憧れている私としては、
イチイチ故事を持ち出して、言わずとも、
旧事務所をピカピカにしてくれたスタッフ達のことが、
嬉しくて、仕方がないのです。

流し台も、この通り!
顔が映りそうなくらいです。

 
「城の明け渡し」について、有名な事例をひとつ。。
戦国武将・福島正則が、幕府によって、改易された際のエピソード。

広島城を預かっていたのは、家臣。
幕府の役人が「引き渡し」の兵を向けたとき、
その家臣は「この城は、主である福島正則から預かっているもの」
「したがって、主の命令なしには、たとえ将軍の命令とあっても、
明け渡すわけにはいかない」と、その要求を突っぱねた。

これを聞いた福島正則は、
涙を流し「すぐに明け渡すように」という書を送り、家臣はこれに従った。
家臣は、城を掃除し、
行政の引継書、武器の目録等を一式、幕府側に渡し、堂々と去っていった。

このことが知れ渡り、
改易後の福島家の家臣たちを、多くの他藩が召し抱えようとしたそうです。

さて、、、
皆さんのスタッフは、どうですか?
警察が来て「のぼりが邪魔だから引っ込めてください」と言われたら?
どう対応するかな??


退店にかかるパワーは、出店以上

新しい事務所に移る、
ということは、古い事務所を、出てゆくことになります。

出店や退店を、間近で見ていて感じるのは、
出店のときには、誰でも簡単に、嬉々として契約や準備をすることができる。
しかし、退店のときは、難しい。

少しでも会社にふりかかるダメージ=撤去費用の負担を少なくしたい・・・と考える
「本気」の幹部にとっての「撤退戦」は、
非常なパワー、人間性とテクニックが必要となります。

「契約書の通り、原状復帰でお願いします」との「当然」の大家側の意向に対して、
その道理を曲げて、撤退交渉を行うのですから。

これが「サラリーマン」社員だと、
「かかるものは仕方ない。契約だから。
穏便にお金を払って、はい、おしまい!」となる。
こんな人間は、絶対に幹部にしてはいけない。
いや、会社にすら入れてはいけないかもしれない。給料を払ってはいけない。

 
戦国~江戸期、
城を明け渡すときの「見事さ」は、その家の後々の語り草となる。
キレイに掃除して、次の城主に明け渡すもの。

私自身、事務所の引っ越しには、多く関われなかったけれども、
荷物も運び出し、見事にピカピカに磨き上げられた旧事務所を訪れて、
「あー、素晴らしいスタッフに恵まれているなー」と、感謝の気持ちを新たにしました。


「撤退戦」のコツは、オーナー側に、
少しでも早く、良い条件で、次の持ち主が見つかるよう、
共に努力・協力する姿勢を見せること。。。と理解しました。


遷都

お取引のある皆様には、
お葉書にてお知らせさせていただいておりますが、
事務所を移転しました。

大阪・北浜です。
昔は、ダボダボのスーツと煙草が似合う証券マンの街。
今は、オシャレ女子にも、人気が出てきている街です。


写真は、事務所の窓からの風景。
北浜駅の出口を出てから30秒、川沿いのオフィス、
建物入り口には、総合受付があります。

オフィス移転の理由は、色々と・・・。
・物理的な問題
(旧事務所の建物自体がレトロなので、冬寒い、生命力の強い哺乳類も同居していた)
・心理的な問題(わる~い「気」から、遠ざかり、新しい空気に切り替える)
・将来への投資(優秀なスタッフを採用しやすい場所に、移転する)

昔「遷都」をしていた理由と、よく似ています。
「みやこ」と言えば、平安京や平城京が有名ですが、
実は、藤原京、長岡京、難波京、飛鳥京、福原京・・・等々、
「遷都」は、頻繁に行われていました。

歴史的に「遷都」の主な理由は、
物理的な水や食料、燃料問題を解決するため。
悪霊や穢れから、人間の側が逃れるため。
政治、仏教勢力を、刷新するため。

大学卒業後、お世話になった船井総研も、
入社から退職までの16年間で、勤務した大阪の事務所は3か所。
2回の移転をしました。東京を含めると3回の移転をしています。
約5~8年に1度のペースで、移転していたことになります。

ちなみに、

移転の日付は、7月6日。
スタッフが調べてくれて、年に何度かしかない
「引っ越しに最適な吉日」が集中している日に引っ越しました。

神様の存在は、ほとんど信じていませんが、
おかげさまで、移転した途端、
驚くほど良いことが、たくさん起こっています。

起こりすぎて・・・
この快適なオフィスに、ほとんど行けないことだけが、
とても、残念!

いつでも遊びに来てください。
私は、ほとんどおりませんが・・・(笑)


「黒い」のは、コンサルタントの勲章だっ!

「中西さん、日焼けしていませんか?黒くなっていますよね?」
「どこか、遊びに行ってきました?」

いえ・・・残念ながら
これ、、、コンサルティングの「現場焼け」です。

店舗に行って、外観のチェックをする。
看板やポスターの見え方を確認する。
ライバル店の店頭を、視察する。
出店候補地を見ながら、歩き回る。。

机上の計算やデザイン、研修だけでは、
真の「答え」や「仮説」は見えてきません。

まさにドラマの台詞「答えは現場にあるんだ!」


真夏の空に向かって、突き立つのは、
「スタッフ(箱尺)」という測量計器。看板の見え方を測っています。

携帯電話を片手に、行ったり、来たりしながら、
高さを変え、位置を変え、
どう見せるのが一番、効果的なのか?

看板のサイズと位置を、確定させてゆきます。

炎天下のなか、汗をダラダラかいて、
そんなことをやっています。

 
「日焼け」は、「現場主義」の勲章だ!

苦しくても、大変でも、面倒でも、、
そうしたほうが売上が上がるし、
そんなコンサルタントのほうが、かっこいいんだ!
・・・と思うから、こうしています。


肌は、黒いですが、、
腹の中は・・・「純白」!
ご支援先の敵と相対した時や、火の粉が降りかかってきたときだけ、
手段として「黒く」なります(笑)





TOPへ戻る