ライバル店対策を実行したい | クリーニング経営コンサルタント : 日本売上アップ研究所

トップ > ライバル店対策を実行したい

ライバル店対策を実行したい

ライバル店対策を成功させたい支援

ライバル店対策支援一覧

「他の地域からライバル店が進出してくる!」
「これから商圏外へ進出する!」
地方から都市部への出店・・・。

今後、このような動きがさらに加速すると思われます。
クリーニング需要そのものが下がるなか、競合となるライバル店の存在は、確実に売上ダウンをもたらします。

「相手は相手、自社は自社。。。」という平和ボケした甘い考え方では、衰退の道をたどるしかありません。
ライバル相手の存在を、自社の経営力を高める糧として、今一歩、前進するための経営支援を行っています。

競合対策の視点

このような6つの着眼点から競合・ライバル店対策を行います。

洗い・仕上がりそのものの品質はどうか?
お客様に質の違いを認識してもらえているか?

何を安くするのか、何を安く見せるのか?
生産との連動はどうか、利益を得る方法はあるのか?

販売促進の内容・投入量・タイミングはどうか?
持っている「武器」の質・量・使い方の精度はどうか?

店の構えはどうか、入りやすいか?
センス良く目立つか、誘客要因となるものは何か?

スタッフの接客レベルはどうか、店の看板の一部となっているか、
リピーターが増え、単価が上がる接客をしているか?

商品以外の「サービスの品揃え」はどんなものがあるか、ナンバーワン・サービスは何か?
魅力を磨き込むことはできないか?

ページトップ

ライバル店対策の基本方針

競合するライバル店対策で、最も大切なこと。。。

それは最終的に「どこまで戦うのか?」「どこで引くのか?」を、意思決定することにあります。

最終的に「相手が撤退するまでヤル」のか「相手は生かしておいても良い」のか。
「期限までに、撤退させることができなければ諦める」のか。。。

予め、強固な意思を固めて打って出ることが「上手な喧嘩の仕方」です。



ライバルを撤退させる ライバル相手を生かしても良い
攻める側 パックマン戦術 チェーンストア戦術
守る側 満腹戦術 アルマジロ戦術



「ライバル店対策」の事例と解説・参考資料をDVDで購入したい方

「ライバル店対策」のリアルタイムな情報交換&アドバイスを希望する方

御社オリジナルの「ライバル店対策」の実行を希望する方



TOPへ戻る