top > 読んでも得なし(ヘビー)


甲子園に、オリンピックに・・・

クリーニング経営コンサルタント中西正人(履正社高校寺島投手)
オリンピック開幕、
高校野球も開幕。スポーツを愛するオヤジには、たまらない夏。

写真は、高校野球、大阪地方大会に、
履正社高校の寺島投手を観に行ったときのもの。

炎天下の中、アンタも好きだね~。

近年、稀に見るいい投手でした!
1年生から期待されつつも、何度も大阪桐蔭高校の壁に阻まれ、
高校3年の夏、ようやく表舞台に!!
大阪が自信を持って、全国に送り出す逸材です。

もう一人の140km超投手、山口君も控えており、
大阪大会を「甲子園を見据えながら」
万全の戦いを展開した履正社高校、甲子園でも期待が持てます。

ちなみに・・・・
座ったナナメ後ろの席では、
寺島君のおじいちゃんが、観戦していました。
その場で会った、見知らぬオヤジたちと、
高校野球マニア談義に、花が咲いていた隣で「私、寺島の祖父ですねん・・・」と。笑

こんな出会いも、地方大会ならではです。


花火大会を待つ淀川河川敷

クリーニング経営コンサルタント中西正人(祭りのまえ)
当社事務所の最寄駅「塚本駅」は、大阪駅から1駅。
もうすぐ、この駅が一年で最もにぎわう日がやってきます。

淀川花火大会。

写真は、事務所近くの淀川河川敷が、準備万端に整った夕暮れ。
打ち上げ台が、川に浮かび、観覧席が設けられています。

年に一度の「祭りのまえ」のワクワク感を、静かに抑えた雰囲気。

 
ちなみに、好きな歌は、桑田圭祐さんの「祭りのあと」

「情けない男でごめんよ、愚にもつかない俺だけど・・・」
「恋も涙も純情も、生きるためには捨てよう、今日も汚れた人ごみに・・・」
「悪さしながら男なら、粋で優しい馬鹿でいろ・・・」

歌詞とメロディーのバランスが、
自分の内面に、しっくりくる歌なんです。


おや?どんな意味があるんだろ。

クリーニング経営コンサルタント中西正人(付き合う前のカップル)
「付き合う前のカップル限定」の日本酒飲み比べセット。

むむ??

これって・・・
どうゆう意味か、わかりますか?

 
答え(というか、私の仮説)は、週末に!

みなさんも、考えてみてくださ~い・笑


そうゆう男だから、いい仕事ができるんだー!!

イチロー選手、日米通算4257安打。
おめでとうございます!

もはや、解説の必要のないほどの成績に、伝説やエピソードの数々。。

 
一緒にしては、おこがましいのですが、
ちょっとだけ、心の支えにしていることがあります。

それは、インタビューなんかで見せる、
ちょっと子供っぽい言動。(笑)

同じ日本人大リーガーだった松井選手の「大人な言動」と
対比されることもあります。

小さいことが気になり、スジの通らないことには腹が立ち、
自分の本心を隠して、表面上で折れることができない。
「虎の威を借る狐」とか「言葉だけの人間」
「なすべき仕事をしてない人間」に、邪魔されるのが、大嫌いで、
悔しい気持ちをバネにして、頑張る・・・。
そんな部分が、
いつもインタビューに顕現している感じがします。

ちょっと自分に似ているところがあるなー。
なんて、思っています。

で、、、
細かいことが気になるし、すぐイラッとするし、
「クッソー」「アンニャロウ」「やり返してやる・・・」とか、
しょっちゅう思っている嫌な自分。

でも、こうゆう男だからこそ、
いいモノを作れるんだ!
いい仕事ができるんだーー!

な~んて、
勝手に、自分の短所を、
恐れ多くもイチロー選手に重ねて、納得しているわけです。

表面上は「松井選手」の対応ができるようにならなきゃな~とか、
思いながらも。

 
イチロー選手、50歳までヒットを打ち続けて欲しいです!
クリーニング経営コンサルタント中西正人(甲子園のコンサルタント)


晴れのち、雨・・・

年に何度か行く、出張先での夜ご飯。
初めて立ち寄る、閉店間際の、中華料理店は、
タオルで頭を巻いた、威勢の良い、笑顔が素敵なお兄さんが、店主さん。

メニューを見て、チャーハンが「一番商品」と、見切ったでー!
「並盛」「大盛」「特盛」「超特盛」・・・とある。

ここは、男だ。
迷わず「大盛!」

で、出てきたのが・・・コレ。
クリーニング経営コンサルタント中西正人(晴れのち雨)
(これ・・・大盛以上だよね・・・)

「今日は、たぶん、注文終わりなんで、サービスしときました!」
見た目通り、気のいいアンちゃんの「心意気」でした。

よーーーし!
男として、その心意気に応えようじゃないか!!
と、食べ始めましたが・・・
食べても、食べても、なくなりません。。。

完食まで、
わずか、、ほんのわずかまで、迫りながら、ギブアップ。
言い難い、敗北感・・・。

そして、お会計。
兄ちゃんのお母さんらしき方が、レジに。

「1380円になります」
(おお・・・、高くない??)

恐らく、特盛か、超大盛の料金を請求されてるんだな~。

「心意気」を、正規に注文したものと、勘違いして精算したみたい。
・・・兄ちゃんに助けを求めようと、調理場を見るけど・・・
洗い物終わって、裏の方で子供と遊んでやってるし・・・。

ここで「おい、ちょっと待て!」と言えないのが、
根っからの大阪人じゃなく、兵庫県の地方都市、出身者・・・。

うまいチャーハンと、兄ちゃんの心意気のサービスまでが「晴れ」
食べれなかったことと、正規料金を払わされたことで「雨」。

だから、今日は、晴れのち雨。





TOPへ戻る