top > 読んでも得なし(ヘビー)


「仕事観」に関係あるような、ないような話

待つこと、行列に並ぶことが、何より苦手な性分のため、
毎年、年末年始は、ひっそりと家で過ごしています。

去年の年末は、テレビでボクシング三昧。
八重樫、井岡、田口、井上、内山・・・の世界戦をテレビで観戦していました。
最近は、日本人チャンピオンが多く、素晴らしいボクサーたちが増えていますね。

特に、好きな選手は、内山高志選手。今回、V11を達成しました。
中学生のときから、色んなボクサーを観てきましたが、
きっと一番、強いのではないでしょうか。
試合では、パンチ力とKOが魅力なのですが、
インタビューやドキュメントなどで「素に近い姿」を観ていて
「ボクシングが好きで、真面目に取り組んでいるんだろうな~」ということが、
プンプン臭うところが、とても素敵なのです。

逆に、、、
現役のボクサーが、テレビのバラエティ番組やらに、
頻繁に出るようになっちゃうと、うーーーん・・・って感じになります。

芸人とつるむようになる・・・とか、さらに、がっかり。。。

 
きっと、こうゆう「質実剛健」を感じさせるタイプのボクサーを好む原点は、
中学生2年のとき、一人で留守番をしながら、
偶然、テレビで観た、浜田剛史さん(現・解説者)の世界初挑戦の試合。

ボクシングについては、
かなり前に「具志堅用高」が負けた・・・
それ以来、日本人は良く負ける・・・くらいしか、知らなかったし、
母親からは「あんな野蛮なスポーツは・・・」と言われていた
中西少年は、ちょっとした罪悪感にとわられながら、
試合前の解説に聞き入っていました。

「39勝中37KOを誇る最強のメキシコ人チャンピオン・レネ・アルレドンドに挑むのは、日本の浜田剛史・・・・そのあまりのパンチの強さゆえ、自らの拳を骨折すること4度、2年のブランクを経て、初の世界挑戦となります・・・」

(へぇー、そんな凄いパンチを打つんだー。強そうな人だな~。
でも、日本人だから、負けちゃうんだろうなーー)

と、観ていると、
1ラウンドでのKO勝利!
大熱狂の会場。

浜田さんは、勝っても、ガッツポーズは、ほとんどしません。
相手に対する敬意を表し、
技が終わった後の所作にまで注意を払うという、
日本の武道の精神が息づいているような気がして、好きです。

「ボクサーは目が命」と、現役時代は、ボクシング以外のテレビを見なかったそうです。
ボクサーである以上、24時間・ボクシングを中心に考えているところも、好きです。

さらに、25歳にして、この風貌。。。かっこいい胸毛!
とても、25歳には、見えません・笑

浜田さんの試合前の映像を、YOU TUBEより。
(13分もあるので、ボクシング好きじゃない方は、観ないほうがベストです)

こちらは、そのときの試合。(8分間です。)


「濃さ」が、大事なんだ!

濃くて、本気なものが、
薄い気持ちの人々に、ちょっとでも支持されれば、それで売れる。

小さな個人経営のクリーニング店なら、
チェーン店が作る一般的なものではなく、
自分の「濃い世界観」が伝わる
店舗を作る、商品を作る、販促物を作る。

そうすれば、売れるようになります。
広い地域から、お客様が来てくれるようになります。

 
同様に、
工場長やマネージャー、店長が「こうしたい!」と思った熱意は、
全部が、現場スタッフには伝わるわけではありません。
現場に、60%くらい伝われば、良い方ではないでしょうか。

だから、組織の「核」となる人、リーダーの「濃いモノ」って、
すごく大切。。

言いたいこと言って、したいことをして、
「薄い人たち」のなかに、ドーンと突っ込んでゆけばいい。

   
体に悪そうな
「濃いラーメン」を、出張先のホテル近くで食べながら・・・
そんなことを、感じています。
クリーニング経営コンサルタント中西正人(濃いモノ)
自分の若さを、証明したくて、たまに食べちゃう。
まだまだ、オッケー!
・・・いや、強がり言ったかな・笑


福山ロス・・・

クリーニング経営コンサルタント中西正人(福山ロス)
名刺を発注しました。
間違いがあったので、校正しました。

「勝」が「マサハル」

 
この印刷会社のデザイナーさん、
まだ「福山ロス」から、立ち直っていないみたいですね・笑。


ある日の事務所・・・・

クリーニング経営コンサルタント中西正人(佐伯泰基の睡眠)

佐伯氏は、今、熟考中です・・・・。

みんな、静かにしてあげましょう・・・・ね。

 
 
すみません!
こんなブログで。。
忙しくて、、、(涙)


ハロウィンですね。

世間は、この時期。ハロウィン!
ここ数年、メジャーになってきていますが、
ほぼ、ついていけない(いや、ついていく気のない)オヤジがいます。

先日のブログ「イノベーター理論」によれば、「懐疑的な頑固者」ですから。
やむを得ない。。。

かと言って、嫌いなわけじゃないのです。
「あー、やってるなぁ。いいな~」なんて、微笑ましく、見ている感じ。

今、自分が20代だったら、やってたんだろうか??
いや、やってないだろうなー・笑。

 
クライアント先の社長にいただいたケーキも、
こんなハロウィン仕様=オバケ君になっています。
クリーニング経営コンサルタント中西正人(店舗の季節感ハロウィン)
もはや、10月の季節感の演出に、ハロウィンは欠かせませんね。

フフフ・・・(オバケ退治じゃ!)と、
やってみたものの・・・
想像以上に、本格的な怖さに仕上がった!・・・涙
クリーニング経営コンサルタント中西正人(ハロウィンアフター)
「ワレ、何やってくれとるねん!!」
完璧、怒ってますね。ちょっと、後悔。

今年も、この程度の、ハロウィン参加で。。
御馳走様でした!!





TOPへ戻る