top > 利益アップ > 店舗の工事は「指値・さしね」で発注を。


店舗の工事は「指値・さしね」で発注を。

ご支援先クリーニング店様の新店舗を建設中です。
クリーニング経営コンサルタント中西正人(新規出店の立地調査)
リニューアルにせよ、
新築にせよ、
コンバージョン(用途変更)にせよ、
できるだけ安く、良い店舗を作りたいのは、普通の人の常識。

どうすれば、安く、良い店舗ができるのか?

そのコツのひとつに「指値・さしね」発注があります。

「指値」という言葉は、株の売買等で良く使われる言葉です。
いわば「指定値段」の略語。
こちらの希望の値段を明確にしておいて、その値段で取引しましょう!というもの。

このくらいのリニューアルなら、50万円以内でお願いしますとか、
この改修なら、300万円ですね。
この建物の建築が、1000万円になるならやります!と
業者さんに「指値」で発注すると、安くなります。

この逆。
つまり、高くなってしまう発注方法が、
「積み上げ式の見積もり」による発注です。

たとえば・・・
引き戸 ××円
天井  ××円
クロス ××円
断熱材 ××円
果ては、
電気スイッチ ××円に、コンセント ××円

業者さんに、明細を「積み上げる」ように見積もりをもらえば、
このような明細の全ての項目に「利益」が乗っかってきます。
そう作らざるを得ません。

このくらいの工事なら、この価格だ!
という、ギリギリの線を知っていると、知らないとでは、
お金の残り方が違います。

これまで、数えきれないほどの、売れるクリーニング店の開発工事に、
本気で携わってきたからこそできる
(利益をとりすぎてる業者泣かせ・経営者喜ばせ)の得意技です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



TOPへ戻る