top > 売上アップ(スパッと効く) > 大企業の良い点、悪い点 <まず、悪い事例>


大企業の良い点、悪い点 <まず、悪い事例>

ガラケーから、スマホに買い替えるために、
某・携帯会社の旗艦店舗に行ったときのこと。

スタッフの接客力の低さに、驚きました~。
何度か足を運んで、
複数のスタッフと接したので、全体的なレベルの低さは、確実!!

今、携帯会社のような大手企業でも、
人材不足、育成不足は、否めないのでしょうか。

具体的には、、、
自分の知っていることだけを、必死で話すだけで、
相手のことを知ろうとするヒアリング力や、
相手が何をどう感じるのかを、読み取る力が、どのスタッフにも皆無なのです。

街の小さな携帯ショップ店員のほうが、
ずっと優れています。

そして、もっと驚いたこと、、、
それは、最後、店を出るときの、この一言。

「1週間後くらいに、今回のご購入に関するお客満足度のアンケートのメールが、某・携帯会社から届くと思います。」
「私どもの店舗では、お客様満足度の高い店を目指しておりまして、そちらのアンケートには最低でも70点以上、できれば90点くらいをつけていただきますよう、お願いたします。」

こんなことだけは、ちゃーんと話せるようになっているのです。

社内での自分の評価を上げることに対して、熱心。
完全なる大企業病。

おい!本気で満足度を上げたいなら、
もっと自分の接客レベルを上げることに、時間を費やせ!

もしも、店舗ぐるみで、
このセリフを言わせるように仕向けているリーダーがいたとするならば、
ここに配属されるスタッフの成長は「永遠のゼロ」。
接客レベルの低さの根本的な原因は、
人手不足ではなく、
組織としての努力の方向性の間違いにあるということになります。

 
とにかく、こうゆうのは、最も嫌いな立ち居振る舞いです。
会社をダメにします。腐らせます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



TOPへ戻る