top > 読んでも得なし(ヘビー) > 矢沢永吉さん


矢沢永吉さん

コンサルティングのときには、あまりお話しする機会もありませんが・・・
実は、、、永ちゃん(矢沢永吉さん)のファンでして。。。

東京出張の際、空き時間を見つけて(いや・・・正確には、作って・・・だ)
矢沢永吉・直営のカフェバー「ダイヤモンドムーン」に行ってきました。

永ちゃんと私の衝撃?の出会いは、高校2年生のとき。
文化祭の「応援団」で、踊った曲が、矢沢永吉「ROCKIN’ MY HEART」

英語のかっこいい歌だったので、すっかり洋楽だと思い込んでいました。
選曲したのは、腹が立つほど爽やかなモテモテ団長。
レコードレンタルして、録音しようと「この曲、誰の歌ですか?」と聞くと
団長「矢沢永吉、永ちゃんやで」
中西「え!ガイジンじゃなかったんですか?」

まず、日本人が全部、英語で曲作って、歌を歌うなんて、スゴイ!!
(菅原洋一のラバンバ♪のカバーしか、日本人・フル英語の歌なんて、知らなかったので・・・)

で、永ちゃんがテレビに出ているのを、ビデオに録画して見てみると、
そこには単純・バカ・高校2年生にとって衝撃の光景。

バックバンドが、みんなガイジン!!
永ちゃんが、片言の英語(いや、ほぼ日本語)で
「ノー・ノー・ノー! そこチャッ・チャッ・トーーーン!!」とか、
ガイジンにダメだししてる。。。しかも、結構有名なギターやドラムの人達らしい。。。

おーー、日本人がエラそうな外人よりも、さらにエラそうにしてる・・・。
なんや??この人、めっちゃスゴイやん!!
って、そんな単純で純粋なスタートでした。

自分が「永ちゃんに会える、頑張った自分であった年」には、コンサートに行きます。
「永ちゃんに会わせる顔がない、不甲斐ない」自分であった年には、コンサートに行けません。

白スーツは、持っていません。
タオルは、持っています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



TOPへ戻る