top > CMタイム


「トランプ勝利」を1年以上前から予測していた男

アメリカ大統領選挙は、ドランプさんの勝利。
実は、このことを1年前から予測していた人がいました。

前職、船井総合研究所の元社長・小山政彦さん。
クリーニング経営コンサルタント中西正人(小山政彦・時流セミナー)
この方です。
・・・・・
「小山さん、笑顔の写真撮らせてください。笑ってくださーい!」とカメラを向けると、
「そんな顔、できねーよ!」「もういいだろ、早く終われ!」
と、怒られた瞬間のワンショット。
粋な江戸っ子は、照れ屋さんなのであります。
(すみません)
・・・・・

コンサルタントとしても、超一流。
経営者としても、船井総研を東証一部にまで引き上げた方です。

当時も今も、雲の上の存在ですが、
なぜだか、色々とお話させていただいております。
とてもありがたいことです。

船井総研・在職中から、大きな会場が予約で満席になるほど、
十八番だった「時流予測」セミナーを
私の勉強会で、ゲスト講演していただきました。

このときの「時流予測」の内容は、ほぼ100%の確率で的中しています。
台風の上陸数、西日本の猛暑、金相場、株価、アベノミクスの行方・・・・。

トランプ大統領・誕生の予測も、そのうちのひとつ。
1年前の段階では、まだ共和党の代表にもなれるかどうかも、怪しかった頃です。

ちなみに「時流予測セミナー」のなかで
「トランプ大統領の可能性が高い」としていた理由は、以下の通り。

・アメリカは10年に1度、周期的に戦争を起こさなければ、経済が崩壊する国である。
あと1~2年がタイムリミット。
・歴史的に、戦争を起こすのは、共和党政権時代である。
・兵器のバージョンアップ、弾薬の「賞味期限」が約10年間なので、
アメリカは戦争を起こして、使い切りたい。
・大統領は、大衆の意思によって決まるのではなく、
ごく一部の資本家の意思。彼らの「損得」によって決まる。
彼らが動いても、ニュースにはならない。
・「文明法則史学」によると、世界の覇権は800年ごとに「東洋と西洋」が入れ替わる。
そのタイミングは2020年まで。
トランプの「アメリカ孤立主義」「自国優先主義」は、最もその流れに沿っている。

小山さんは「ニュースや新聞を信じているヤツは、永遠にダメだ」と話していました。

「クリントン優勢」「トランプではダメだ」と報じていた、
メディアや解説者が、如何に「偏ったもの」で「イメージ先行の上っ面」なものであるか、
それよりも「時流が、どう動くのか」を的確にとらえることが、
如何に大切か?ということを、再認識しました。

来年向けの「時流予測セミナー」が、近日、私の先輩主催で開催されます。

私は、個人的に聴きに行きます。
・どう訓練すれば、小山さんのように「物事の本質」が、見えるようになるのか?
・大統領選において「一部の資本家」はどうやって大衆に「投票」させたのか?
・次に起こりそうなこと、その根拠、その対応策は、どのようなものか?
私は、そんなことを、重点的に聴きます。

「2017年・時流予測・ワンマン講演会」は、
11月26日(土)。場所は、東京・五反田にて開催です。
クリーニング経営コンサルタント中西正人(表紙タイトル・時流セミナー)
クリーニング経営コンサルタント中西正人(内容・時流セミナー)
こちらのアドレスからも、お申込みいただけます。
http://jiryu-yosoku.net/

前回の当社セミナーに参加できず、「証拠」を聴きたい方は、
こちらから、お申込みくださいませ。
http://cleaning-keiei.com/blog/dvd/1601/


コインランドリーの売上アップセミナー・・・本邦初公開です

6月23日、東京にて・・・
コインランドリーの成功ノウハウをまとめたセミナーを開催します。
発表当初から、かなりの勢いで、お申込みをいただいております。

月に100万円以上、売上を上げるコインランドリーのことを
「ミリオン・ショップ」と呼び、業界でも「超繁盛店」レベルに位置づけされます。

こうしてミリオン・ショップを作るとか、
こうして売上が上がる・・・とか「当たり前」のセミナー内容は、
こちらにまとめていますので、ご覧くださいませ。
http://cleaning-keiei.com/blog/seminar/1606/

当社が、他のコンサルティング会社と一線を画す点は・・・非常に実務的である点です。
セミナーで、メイン講師をつとめる佐伯は、
売上アップ支援の実力があることは、もちろん、、、
↓この通り・・・スタッフを巻き込み、現場をしっかりやってます!
クリーニング経営コンサルタント中西正人(佐伯の活躍、電気取り替え)
たとえば、こんなことまで・・・
・店内に居座って、帰らない浮浪者に、どうやって対応すれば良いのか?
・夜中「機械が動かない!すぐ金を返せ!」と言ってくる客に、どう対応するのか?
・セルフなのに「縮んだ、汚れた、臭くなった」「何とかしろ」という客に、どう対応するのか?
・そんな理不尽な問い合わせは、年間どのくらいのペースであるのか?
・ゴミ対策、イタズラ対策、虫対策、スタッフ対応、不正・窃盗対策・・・・etc

お金を使わず、最小限の手間暇で、
これらトラブルに対処するノウハウまで、実務支援を通して確立しています。
目からウロコです。
・・・わざわざセミナーでお話しするかどうかは、わかりませんが・・・
質問があれば、スパッと、お答えできるはずです!

ご期待くださいませ!

クリーニング経営コンサルタント中西正人(佐伯の活躍、機械整備)
「オレが触れると、機嫌が良くなるんですよ・・・。機械とオンナは。」
                   by 佐伯泰基


ヘビーユーザートラップ(勉強している社長がはまる罠)

出張からの帰り、東京アクアラインを通過しています。
クリーニング経営コンサルタント中西正人(東京アクアライン)
今日は、良く勉強しておられる社長・幹部が、はまりやすい「落とし穴」と
「スライスショット」を、ご紹介させていただきます。

たとえば、あるクリーニング会社さんの「のぼり」
私が、提唱している「のぼり戦術」で、成果を上げてこられました。

ところが、何年ぶりかにご訪問してみると、
「のぼり」が売上不振の原因を作ってしまっています。

4色フルカラ―になり、オシャレな写真がプリントされ、
魅力的なフレーズが、たくさん書かれています。

この「のぼり」を、近くで見れば、洗練されて、良いデザインです。

でも、店舗の周囲に、立てると、
何がPRされているのか、認識されません。目立ちもしません。

「のぼり」は、店頭前の顧客に、瞬時に内容を伝えなければならない販促媒体。
内容も色も、集客に役立つシンプルな内容が、最も効果的なのです。

聞いてみれば、やはり各種の管理項目の数値が落ちていました。

そのことをストレートに、申し上げました。

そうすると・・・照れくさそうに、こうお返事されました。
「やっぱり、そう思いますか??中西さん」
「実は、図星なんです・・・。デザインに、自分自身が飽きてきちゃったんだよね。
もっと良いものを作りたい!って、進化させていたつもりが、こうなっちゃったんだよねー」

皆様にも、ありませんか?

良いことをしていたのに、
自分自身が、それに飽きてしまって、やらなくなっていること。
方向としては間違っていないけれども、自己流の「スライスショット」になっていて、遠回りしていること。
気づかないうちに、本質からズレていってしまっていること。

経営の勉強しているし、やっていることをやっているのに、
なぜか、どこかの店の売上が落ちていってる。
なぜか、ある商品の売れ行きが悪い。。
そんなときは「ヘビーユーザー・トラップ」に陥っている可能性があります。

定期的なコンサルティングではなく、
不定期にでも、コンサルティング依頼をいただければ、
はまってしまっているトラップから脱出し、スライスショットを矯正するきっかけとなります。


ツキのある人だらけのクリーニング勉強会

先日のブログの続き・・・
そうゆう意味では、
1回に数万円、年間数十万円の受講料を払って、
当社主催の経営勉強会にお越しいただく方々は、
クリーニング業界のなかでも「ついている」組の経営者・幹部の皆さんばかりです。
SONY DSC
毎回、多くのご参加者さんで、盛り上がります。
来期は、さらに当社と彼らの「ツキ」や「ノウハウ」が、
伝播しやすいスタイルの勉強会を、実施してゆきたいと思います。

ちなみに・・・
「ツキの原理」には、ちょっとした補足があります。
それは、ついているグループに入る前に、まずは
「自分が、少しでもついている状態」にならなければ、ならない。というもの。

「ついていない人」が、
いきなり「ついている人」のグループに入っても、
共通の話題すら出てこず、自信もなく、仲間に入れないことが多いのです。

どこかの店舗だけでも、数か月間だけでも、
ある品目だけでも、、業績を良くして「自分がついている状態」にすることが、
先決なのです。

ここが、当社の大得意な分野です。
お金をかけずに、1店舗、1品目、1個人に対して、きちんと関わり、
売上が上がるように、実務支援を行います。

当社では、1度だけなら無料で、現地をご訪問させていただき、
改善策をアドバイスさせていただくサービスも、実施しています。

「つくようになる」きっかけのつかみ方が、わからない!
危機感はあるし、ヤル気も、あるんだけどな~。という方は、
いつでも、お気軽にお問合せくださいませ。


インテリジェンス・・・本物はシンプルだ。

「コレを教えていただいたからには、中西さんと、一生お付き合いします!」

こんなことや、
これに近いことを、おっしゃっていただけるノウハウが、
今、存在しています。

このノウハウを実行するだけで、
数百万、いや、数千万円の利益になります。

 
でも、
このノウハウを、お伝えするのには、
10分もかかりません。
資料だって、1枚あれば、十分。

本当に価値あるノウハウって、意外と、そんなものです。

色々と、こねくりまわすノウハウや、
ひとつのことを言うだけのに、
まわりくどい説明や、面白いことを言うコンサルタントは、
実は、たいした「売上アップ力」を持っていない。
話が上手いだけだ。

「結局、何だったんだろう?」
「随分、自信ありげな講師だったなー」って感想で、終わることが多い。

150530_0909~01
気持ちのいいカフェにて・・・ちょっぴり(いや、相当の?)自慢話でした!

知っていることと、知らないことだけで、
こんなに差が出るなんて・・・。

インテリジェンス(=知識と情報)って、ある意味、怖ろしいです。





TOPへ戻る