top > 利益アップ > 「ありがとう!」って言葉について、考える。


「ありがとう!」って言葉について、考える。

実は・・・
創業5年目にして、初の税務調査が、入っていました!

先輩経営者に、良く聞かされていた、
いわゆる「お土産」を、お持ち帰りいただきましたが、
大枠、良い方向で終了した税務調査でした。

経営者としては、初めての「税務調査」体験。
事務所から「税務署が来ています」と、連絡があったときには、
さすがに、ドキドキしました。
でも、これで、やっと「一人前の会社」の仲間入りをしたわけです。

感じたことが、いくつかあります。

その1
税理士さんには、とてもお世話になりました!
やはり、我々、コンサルタントを含む「専門家」と呼ばれる仕事は、
いざというとき、どれだけの専門知識で、
どれだけ経営者以上に、その会社に本気になれるか、ということが、大切です。

そうゆう専門家と、お付き合いしておかなければ、ダメですね。

「ああ、この人と、お付き合いしていて、良かった!」と、
どれほど、感じたことか・・・。

その2
税務署のスタッフさんへ・・・
最初に「毎度、あり~」の一言あいさつくらい、
あってもいいんじゃない??
創業以来ずっと、そこそこの税金を、納めてるんだから。。。
決算書も、見ているわけだから、
超・良心的だってこと、わかるでしょ??

税金を納めても、「どうも、ありがとう!」と、
感謝されることがないのが、経営者。

税金を納付するときにも、銀行の受付のおばちゃんに
「今年も、こんなに法人税を納めるんですね、ステキ~。ありがとう!」
なんて、言われたら、
「よし!また、頑張るぞ!」とか、思っちゃう。

「お金を払ってもらうのは、当たり前」って
スタンスの人のところには、お金は集まりにくいんじゃないかな~と、
思っています。

その3
とか、考えていると、、、
税務署の職員さんって、大変な仕事ですね。
「ありがとう」と言われることは、極めて、少ないと思います。
「大きな正義=大義」のため、とは言え、
直接、感謝されることがない仕事というものは、
精神的には、辛いだろうな、と思います。

忙しくて、あまり会える機会が、なかったけれども、
やっぱり「お土産」を持ち帰りいただいたけれども、
あえて、彼らにも、大きな感謝したい!

「ありがとう!」「お疲れ様でした」と。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



TOPへ戻る